<Ayako's bear> 's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ”北斎”と”児雷也”

<<   作成日時 : 2005/11/08 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
先週の土日は芸術の秋を堪能した2日間でした。

土曜日は新橋演舞場に”児雷也豪傑譚話”を見に行きました。
歌舞伎は好きなので(菊五郎さんのファン)時々行きますが・・・

今回のは歌舞伎と言うよりスペクタル活劇とでも言いましょうか、楽しかったです。
歌舞伎の中で古典物でよく判らないと言うようなことは全くなく、昔からのガマと大蛇とナメクジ(なんナメクジが強いのか昔から不思議でしたが・・)の戦いで、最後に善が勝つというこじ付け的な出し物ではありましたが,テンポが速く、飽きさせずによく出来ていたと私は思いました。
菊五郎さんのファンですが、やはりこの話は菊之助くんの一人舞台と言う感じで本当によくやっていました!!まだまだ若いけど声は通るし、綺麗だし・・・・前よりも芝居自体も確実に上手くなっているし・・・・・先が楽しみ!!
歌舞伎の楽しみは・・・やはりご贔屓の役者さんを作ることだとつくづく思いました。

日曜日は上野に”北斎展”を見に行きました。
朝一番に近い時間に行ったのですが・・・・
どこからこんなに北斎を見に来るのか・・と思うほどの凄い人!!
老若男女本当に人・人・人!

でも北斎って本当に構成というか構築が物凄い!!
やはり単なる絵描きではなく、アーチストなんだなと感激しました。
私も大好きな富士山!江戸の人たちも大好きだったんだろうなと
北斎の絵を見て思いました。

芸術の秋はまだまだ続く・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに芸術の秋をキャッチされてる
AYAKOさん、、、いきいきしていて素敵です。
日本橋生まれで歌舞伎が趣味って、隙のない江戸っ子ですね。
歌舞伎、全然詳しくないのですが、そうやって今は初心者にもわかりやすく、作られたりしているのかな。でも初心者はやはり、筋書きを前もって読まないとわからないのかも。。。
テレビ中継でした見たことないですが、合いの手みたいなのを、筋金いりの観客が入れるところ、ぞくって来ますね。
北斎は、きっと今完璧に、若い人や、外国人にも受け入れられるアートなのかもしれないですね。このフライヤーのロゴとか、デザインもいいですね。。。
REIKO
2005/11/09 11:09
REIKOさん、どうも!なんでも装かもしれませんが歌舞伎もやはりライブが最高ですよ!絢爛豪華な(出し物にもよりますが)背景と役者さんの衣装、会場のざわつきと”音羽屋〜!!”なんていう掛け声!私も今でも筋書きは買って読んでますよ。機会があったら是非劇場でご覧になってみてください。
AYAKO
2005/11/09 15:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
”北斎”と”児雷也” <Ayako's bear> 's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる