<Ayako's bear> 's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 若冲!

<<   作成日時 : 2006/08/17 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若冲は20数年前から、頭のどこかに引っ掛かる存在でした。

20数年前に美術史の講義を受けた時。
講師の先生のお気に入りが”俵屋宗達”と"伊藤若冲”。
初めてこのとき名前を聞いて画集の中から数枚の絵を見せられて
なんだかショックを受けたのを覚えています。

宗達の方は雷神・風神で聞き覚えていた人でしたが
初めて若冲を見たのは、ニワトリが画面狭しと
何羽も描かれている作品で当時はあまりの迫力と
リアルさ(特に鶏冠と足が!)に
名前だけが鮮明に残った記憶がありました。

あれから20数年、その間も時々、数枚の展示があると
聞いたりしていましたが、最近雑誌やらのメディアで
若冲の絵を見かけることが多くなり、いよいよ若冲の時代が来たか?!
なんて秘かにわくわくしていました。

今回、彼の絵を多く蒐集しているプライズコレクションが
日本に来たと聞いて上野の国立博物館・平成館に行ってみました。

これだけの若冲を生で見るのは初めてで、圧倒されっぱなしでした。
ジーっと見ていると、昔感じたリアリティの気味の悪さなど
どこへ行ったかと思えるほど、自由な独創さに心地よささえ
感じる気がしました。

画集では決して味わえない実物の迫力は
改めて若冲の力強さを感じました。

そのほかにもこの展覧会では若冲の他
江戸時代の長澤芦雪(難しい”ろ”は変換できませんでした)など
どれも素晴らしいプライズコレクションの作品が展示されています。

プライズ氏の発案か屏風に光を当てて見せるコーナーがありました。
朝日〜お昼〜夕暮れ〜夜を思わせるライトがあたり
当時の人が広い日本間の一室でこんな感じの光を受けて
この屏風を眺めていたのかと思いを馳せました。
(8月27日まで上野の東京国立博物館・平成館にて)

写真はグッズコーナーで買った若冲の鶴図屏風を立てて遊んでみました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若冲! <Ayako's bear> 's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる