<Ayako's bear> 's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 團菊祭・五月大歌舞伎

<<   作成日時 : 2008/05/15 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

團菊祭・夜の部に行ってきました。

入り口を入るとまず目に入ったのが
菊五郎夫人と、団十郎夫人!
純子さんは相変わらずお綺麗で・・・・
お二人ともタイプは違うのですがお着物が良く映えて素敵でした。

夜の部は通し狂言”青砥稿花紅彩画”白波五人男から。
もう何度も見ているお話ですが、菊五郎さんの真骨頂!!
菊五郎さんのお家芸だけあって、本当にはまっていました。

菊五郎さんの微妙な間は年齢を重ねた厚みか・・・・
いいね〜!本当に惚れ惚れする弁天小僧でした。
團菊祭ということで、豪華な顔ぶれで団十郎さん、三津五郎さん
時蔵さん、左團次さんという配役。
団十郎さんもお元気そうで、久々に見た日本駄右衛門。
三津五郎さんは相変わらずお上手で手堅く忠信利平をこなしていました。
時蔵さんは、赤星十三。まあこういう感じなのですが
個人的にはお姫役様の方が好きかな・・・
左團次さんは菊五郎さんとも息ピッタリの南郷力丸でした。

浜松屋での”知らざぁ〜言って聞かせやしょう”の台詞も
判っているけれ、ドキドキしちゃうし、実は親子だったという
なんとも唐突な話の展開も、今流行りの出来事を
織り交ぜるところも、テンポ良く進んで
最後の稲瀬川の勢揃いも美しく
理屈なしに楽しめる演目で満足でした。
夜はチョイ役の海老蔵さんとお父さんとの絡みは
見ていても微笑ましい爽やかさ。

しかし、悲しいかな3階席B.
最後の立ち回り、舞台がせり上がった時は肝心の菊五郎さんや
団十郎さんの顔が見えないし
白波の傘を持っての勢ぞろいの花道も見えないので
”音羽屋〜!”や”大和屋ー^!”などの掛け声で
あ〜今菊五郎さんが出てきて見得を切っているんだな〜なんて
想像するしかないのですが・・・・・

舞台も派手で綺麗で、娯楽的にはいい舞台でした。

最後に”三升猿曲舞”という長唄舞踊。
松録さんの踊りで、足で舞台を打つ音が心地よく
歌舞伎らしい踊りでした。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
團菊祭・五月大歌舞伎 <Ayako's bear> 's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる