<Ayako's bear> 's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ”二月大歌舞伎”

<<   作成日時 : 2009/02/12 11:29   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昼の部に行ってきました。
今回も物凄く迷いました。

道成寺も見たいし、勧進帳も見たい!!
でもいつもながらの3等B席での観劇を思うと・・・
勧進帳はここからでは花道が全く見えないんですよね〜・・
そりゃあ、富樫との掛け合いも見ものだけれど、
この出し物は花道が見たい!!

前に菊五郎さんと団十郎さんの勧進帳の時も
花道が見えず、地団駄を踏んだ記憶があったので
昼の部にしました。

”菅原伝授手習鑑”は加茂堤と賀の祝い。
これは前に通しで見たので話は判りますが
菅丞相や時平の絡みが判らないと全体が見えないかな・・・

隣の人が”なんか噺が良く判らないね”と言っていたのだけれど・・・・
(ウ〜ン、筋書きで前知識がないとキツイかな〜?!)
通しで見た寺子屋まで行って全体の物悲しい”義”が
感じられるのですが・・・・

”京鹿子娘二人道成寺”は確か3回目でした。
一番最初は菊之助くんが玉三郎さんに
合わせるので必死という印象だったのが
今回は随分落ち着いて少し余裕が出てきたのか
本当に綺麗でした。若さの中にも気品が感じられて
玉三郎さんの念が入ったような怪しげな気迫の踊りとの
対比が楽しめました。

”人情噺文七元結”は菊五郎さんの十八番。
最近多い、時蔵さんとのコンビで乗っている感じ。
しかし、”さよなら公演”と言うことで役者が豪華!!
菊五郎さん時蔵さん、菊之助くんに團蔵さん、三津五郎さん
なんと芝翫さん、吉右衛門さん。
これだけ豪華だと必然的に舞台が締まります。
見ていて安心して笑って見終える演目でした。

歌舞伎座の建て直しがTVでも盛んに報じられています。
確かに古いし、座席のピッチが狭いので出入りに大変。
私の指定席?!の3階も年を取った方には上るのが大変。
またトイレは古くて水圧が低いのか、流すのが大変。
・・・・でもこれらの不便は別にしても、建物のすすけた所も
古くなった柱も私は大好き。
表玄関も、歌舞伎座に来た!って感じだし。
歌舞伎座は歌舞伎座なんですもの。
パリオペラ座っぽくする必要などないと思うのだけれどな・・・・
青写真は出ていたけれど実際どんなになるんでしょうかね。

歌舞伎座さよなら公演はまだまだ続きます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”二月大歌舞伎” <Ayako's bear> 's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる