<Ayako's bear> 's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術祭十月大歌舞伎

<<   作成日時 : 2009/10/16 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに歌舞伎座に行ってきました。

画像

出し物を見て迷わず、昼の部に決めました。
ご贔屓の菊五郎さんはあまり出ないのですが・・・・

まずは<毛抜>!
何を隠そう、この演目は私が初めて歌舞伎を観に行った時の
演目の一つでした。他の演目はとんと忘れてしまったのですが
子供心にもあまりにおかしな設定が心に残っていたのだと思います。

今回の弾正はなんと三津五郎さんでした。
私の中での弾正はもっとごつい感じで、物腰柔らかなイメージの
三津五郎さんとは違った感じでしたが
今回の三津五郎さんはこの役と言い、あとの金時と言い
今までの私のイメージを変えて、荒事を大きく演じられていた気がしました。

・・・とここまで来ると、あの時見た毛抜きの弾正は・・・
なんと2代目の松緑さんでした。

次が<蜘蛛の拍子舞>
これは初めて。
着ぐるみの大きな蜘蛛の結構シリアスな動きに感心!!
玉三郎さんと菊之助君、松緑さんの踊りは気品があって素敵でした。
そのあとの立ち回り、蜘蛛の巣投げなど歌舞伎の楽しさ満載の演目です。

この演目は理屈無しに楽しめるものですが、私は衣装の色の
綺麗さが気に入りました。松緑さん、菊之助君のいつもの
グログランチックな袴と着物の色の綺麗さ、金時の錦絵に出てきそうな
色使い・・・・・素敵でした。

そのあとがご存知<河庄>
上方歌舞伎そのものでさすがは、藤十郎!!と言う話でした。

最後は<音羽嶽だんまり>
今回は松緑さんの長男の初お目見得!!

話的にはただ色々な格好をした役者さんがそれぞれの格好にあわせた
動きで動くという単純なものですが、今回は
藤間大河くんの初お目見得ということで簡単な口上もあり
記念に残るだんまりでした。
初めて見た歌舞伎に出ていた2代松緑さんから4代観ている訳で・・・・
感激ですね〜・・・・

今年の歌舞伎座はこれで打ち止めの予定・・・
さよなら公演、いよいよ来年はクライマックス!
来年は毎月行ければ行って名残を惜しんで楽しみたいと思っています。




歌舞伎名作撰 假名手本忠臣蔵 (七段目) [DVD]
NHKエンタープライズ

ユーザレビュー:
舞台は五つ星当然なが ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸術祭十月大歌舞伎 <Ayako's bear> 's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる